プライバシーポリシー

個人情報保護が社会的責務であることを認識し、個人情報の適正な取扱いに努めます。

法令の遵守

  • 個人情報の保護に関する法律、条例、国が定める指針等を遵守します。

安全管理措置

  • 個人情報の漏洩、滅失又は毀損の防止、その他個人情報の安全管理のために、必要かつ適切な措置を講じます。
  • 個人情報の取扱いにあたって、個人情報の安全管理が図られるよう必要かつ適切な監督を行ないます。

正確性の確保

  • 利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

個人情報の適正な取扱い

  • 個人情報を取扱うにあたって、その利用目的をできる限り特定します。
  • 予め本人の同意を得ないで、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取扱いません。
  • 偽りその他不正の手段により個人情報を取得しません。
  • 個人情報を取得した場合、予めその利用目的を公表している場合を除き、速やかにその利用目的を通知公表します。
  • 契約締結に伴って、契約書・その他書面(電子的方式、磁気的方式、その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録を含む。)に記載された個人情報を取得する場合、その他直接書面に記載された個人情報を取得する場合、予めその利用目的を明示します。
  • 利用目的を変更する場合、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えた変更を行いません。
  • 利用目的を変更した場合、変更された利用目的について通知公表します。
  • 予め本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。

個人情報の委託

  • 特定された利用目的を達するために、利用目的の範囲内で個人情報を委託します。
  • 個人情報の取扱いの全部、又は一部を委託する場合、その取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行ないます。

開示等の要請

  • 本人から当該保有個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用目的の通知(以下、開示等)を求められた場合、遅滞なく当該保有個人情報の開示等を行います。
  • 本人から当該保有個人情報の利用の停止、消去、第三者への提供の停止(以下、利用停止等)を求められた場合であって、その求めに理由があることが判明したときは、遅滞なく当該保有個人情報の利用停止等を行います。
  • 本人から求められた措置の全部又は一部について、その措置をとらない場合、又はその措置と異なる措置をとる場合は、本人に対しその旨を通知すると共に、その理由を説明するよう努めます。

苦情・相談

  • 個人情報の取扱いに関する苦情の適切かつ迅速な処理に努めます。
  • 前項の目的を達成するために必要な体制の整備に努めます。